MORE

NIPPON ENGINE CORPORATION

創業70年以上培ってきた
高度な再生技術と経験で
お客様のお困りごとを解決します

例えばこんな案件もご相談ください

  • バス、トラックなどの業務車両や特殊車両のエンジン

  • 他社で断られた特殊エンジンのリビルト

  • 年間を通した定期的な対応

  • 年数百件規模のエンジンオーバーホール

  • 自動車会社のエンジンリコール対応

  • 設備メーカー品質保証契約中のエンジンメンテナンス

BUSINESS 日本エンジンができること

FAQ よくあるご質問

よくあるご質問一覧

よくあるご質問一覧

COLUMN コラム

コラム一覧

コラム一覧

積み重ねてきた経験を元に、確かな技術と信頼をお届け
日本エンジンは、昭和22年7月、エンジンの主要部品(シリンダーブロック、シリンダーヘッド、クランクシャフト、コンロッド等)の委託加工修理会社として設立されました。その後、噴射ポンプ、パワーステアリング、ブレーキ倍力装置等のメーカー指定サービス工場として認定され、昭和40年にはエンジンのオーバーホールを本格的に開始。従来の委託オーバーホールシステムに加え、大型車両、特殊車両の補機についてはオーバーホール、リビルトが完了した品の在庫販売システムに切り替え、各方面から信頼をいただいております。また、新幹線を始めとした鉄道車両用オイルダンパ、レベリングバルブなどのメーカーサービス指定工場としても活躍しています。
高度な再生技術と組織力が可能にする「生産力」
日本エンジンのリビルトエンジン、補機は優れた技術と設備基準でオーバーホールされ、新品エンジン同等の性能を発揮します。トラックなどの大型自動車エンジンをはじめ、建機、構内車両、自家発電、空調用エンジンのオーバーホールにも対応しています。エンジン始動試験機や噴射ポンプテスター、油圧シリンダー試験機など各種専用試験機を導入し、厳重な品質管理の元、確かな品質をご提供します。
機能が落ちた製品を新品同様によみがえらせるリビルトによる再生事業は、産業廃棄物など資源の再利用を行い地球環境にも貢献しています。エンジンオーバーホール、リビルト、機械加工、油圧・空圧製品のリビルト企業として、お客様の信頼と満足、ニーズに応え、信頼され続ける企業であることを目指します。